• ウォーターサーバーに用いられる天然水について

    家庭でも手軽に美味しい水が飲めることや、ダイエット等の健康にも期待ができることから、広く利用されている製品にウォーターサーバーがあります。

    ロケットニュース24の情報を手に入れてみませんか?

    ウォーターサーバーで使用される水のほとんどは採水された天然水が使用されており、採水も様々な場所で行なわれています。
    採水地として最も多い場所としては富士山地域があり、他にも、山梨や大分、京都、三重県大台ケ原、北アルプスがあります。


    中にはハワイ・オアフ島から採水した天然水を使用しているウォーターサーバーもあり、ここでは、25年間の年月を経て火山岩から湧き出た水を使用しています。



    ウォーターサーバーに使用されている天然水は、日本の水100選に選ばれた地域からのものも多く、そのほとんどは軟水となっていますが、最近においてはバナジウム含有を唱えた水が多くあります。

    ウォーターサーバーのランキング情報選びをサポートするサイトです。

    バナジウムは、成分としてはカルシウムやナトリウム、カリウムやマグネシウムと同類のミネラルの一種となりますが、研究ではインスリンと似た性質を持つことが判明しており、糖尿病患者などへの期待が高まっています。

    含有量としては微小となりますが、含有していることで天然水特有の美味しさにつながっており、ウォーターサーバーのメリットの1つとなっています。バナジウムに関しては、これまで富士山地域の天然水に含まれていることから広く知られていましたが、実際においても富士山の玄武岩に多く含まれていることが判明しており、注目を集めています。